お電話でもご注文受付ております!

コンセプト

コーヒーを遊ぶ

コーヒーを遊ぶ武珈琲ラボ

お店で飲むコーヒーは美味しいのに、家ではうまく淹れられない・・・
こんなことを感じたことはありますか?

この思いは、私たちも同じです。
同じじゃないからこそ、コーヒーはおもしろい!

 

珈琲の競技会でも思い描いた味を表現するのに試行錯誤します。

焙煎からどれくらい日にちが経っている豆なのか、どのような水を使うのか/器具は何を使うのか
様々な要素で味は変化します。

武珈琲ラボでは味の違いを感じて楽しんで欲しいと考えています。
そこで開店当初から取り組んでいることがあります。

確かな経験と技術、データに基づいた焙煎方法で、豆本来が持つ個性を引き出したコーヒー豆をもとにみなさんが飲みたい味のコーヒーを豆の選定や抽出方法をご提案します。

 

 

People

コーヒーは暮らしをもっと楽しくする!

自家焙煎コーヒー-武珈琲ラボ焙煎士-土橋武志

焙煎士 バリスタ コーヒープロデューサー

土橋 武志 (Tsuchihashi Takeshi)

  • コーヒーマイスター 取得
  • コーヒーインストラクター2級 取得

ジャパンブリュワーズカップ2016準優勝-土橋武志- 

コーヒーとの出会いは音楽から。

幼い頃ブラジルで生まれ、ブラジルで育ち日本に戻ってきました。
その影響か、洋楽が好きで特にジャマイカ文化に大きなスピリットを感じていました。「何かジャマイカとの接点を持って生きていきたい!」その想いの中、日本にはジャマイカ産の珈琲豆「ブルーマウンテン」があることを知り、コーヒー人生が始まります。

毎日同じ味を入れることへの挑戦

喫茶店勤務をしていた頃、味のクオリティを変化させてはいけないことから同じ味にハンドドリップすることへ情熱を燃やしていました。今考えればその日の豆の状態などあらゆる条件から同じ味をハンドドリップすることは困難な作業です

「美味しい」を楽しむ

コーヒー豆専門店に勤務を始め、同じ豆でも人によって個性の引き出し方が違うことに気づきました。
”飲む人によって、一人ひとり「美味しい」と思うコーヒーは違う。”

ここからコーヒーの抽出はいつも同じ方法ではなく、1つの豆でお客様の好みの味を作るにはどのような抽出をするといいのか。このことを常に意識し、その人に合わせて抽出方法、使用する器具を組み合わせ、豆のもつ味の個性を様々な視点から求めるようになりました。

常に提案するコーヒー豆店を目指して

2019.10.1 お客様それぞれの「美味しいコーヒー」を一緒に探し、その過程もお客様と共に楽しみながら、自身も研究し続けていきたいという思いを込めて「武珈琲ラボ」を設立しました。
コーヒーと暮らしとの新たな関係を目指して常に提案し続けていきたいと考えます。

TOP